スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブースをゲット

前々から欲しかったドライブースをゲットしました。
クレオスとか山善の食器乾燥機だと拙宅ウサギ小屋には大きすぎて躊躇していたのですが、お手頃サイズのホットバスケット(商品名??)をリサイクルショップでゲット。模型用に使えなければ料理の保温にでも使いますか。。

W28×D17cmで1/72エアモデルでも少々小さいのですが、パーツ単位の乾燥には十分なサイズです。
ドライブース3 ドライブース2
お鍋の保温プレートも候補だったのですが、やっぱ蓋付きケースが欲しいと思案してたところ、ビジネスホテルの朝食バイキングでロールパンを保温してるの見つけて閃めきました。。(^^ゞ

温度は若干高めです、ヒータが90Wで蓋をすると40~50℃になると思います。底に敷いたスノコに下駄を履かせて熱源から離した方が安心のような気がします。

使用感は大満足。接着したパーツをほりこんで、少々他のことをやってる間に接着剤が乾いてる状態は感動物です。
こいつを入手したから製作スピードが上がるわけではありませんが、モチベの高い時を逃さず作業を進められることに期待しましょう。。(^^ゞ

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ひまネタ

トラブル続きの1週間がようやく終わりました。凡ミスありヘビーなトラブルあり、弱り目に祟り目。泣きっ面に蜂。貧すりゃ貪する。藁打ちゃ手打つ。便所行ったら人が入っとる。最低な毎日でした。
さらには本日ようやくお休みと思ったら、弔事の連絡が入って午後の予定をキャンセルして出社です。まあ、これもサラリーマンのお仕事でしょ。
と言うことで本日も模型製作の暇ネタです。

最近お気に入りの瞬間接着剤です、刷毛塗りタイプです。
ホムセンで見たときにバカにしてたんですよコレ、瞬接はピンポイントで点付けする物と決めてましたから。でも瞬接をパテ代わりに使う機会が多いイッコーの場合、面で塗布する事が結構あることに気づいたんですよね。もちろん真鍮線の接着なんかは刷毛で塗るんじゃなく真鍮線を刷毛につければ良いわけで、点付け作業にも何ら困ることがありません。刷毛塗りをバカにしてる人は一度使って見てください。
筆塗り瞬間接着剤
大量に塗布すると目に染みるのはマイナス。

他にホムセンでゲットしたのは、アートナイフ。
初めてのタイプですが、こいつは廉価版かな??アートナイフは何本持っていても困らないのでお試しのつもりで購入。ついでにフラックスも買ってみました。真鍮線の加工には電子部品用のフラックス入り糸半田をずっと使ってたんですが、専用のフラックス使った方が作業が楽よ。と言ったコメント見た覚えがあったのでこいつもお試し。。
フラックス

”弘法筆を選ばず”と言われますが、わたしゃ弘法さんじゃない、使えるアイテムは多い方が良い。これからも色々と試して見るつもりです。
技を磨くのは、、、その次??

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 航空機模型

伸ばしランナー

この週末は外出してたこともあって製作レポートは全くありません。と言い訳から、、、
まあ、風邪ひいたおかげで集中力が全くありませんから、、どのみち家に居ても何もしなかったのは容易に想像できるのですが、、、
と言うことで、本日は暇ネタ、伸ばしランナーです。

エバーグリーンだとかプラストラクトのプラ棒は適当に在庫してあるのですが、、一番出番が多いのが伸ばしランナーですね。何と言っても元になる材料は捨てるほどある、、、
必要がある毎にローソク引っ張り出して伸ばしてたんですが、その時に必要な伸ばしランナーを作るのって、けっこう難しいんですよこれが!!そんなもんで最近は作り貯めしてます。適当に伸ばしていろんな太さの伸ばしランナーを作り置きして、必要な物をピックアップする方が合理的。
伸ばしランナー
ケースは、、確か粗品でシャープペンをもらったときのケース。

伸ばしランナーの一番の使い道は、アンテナ線の再現や凸モールドの再現などいろいろ。でもイッコー的にはプラパーツ接合面にできた隙間を埋めるパテ代わりですね。隙間よりやや太めの伸ばしランナーを流し込み接着剤とともに隙間に押し込めば立派なパテです。乾燥するのにやや時間がかかりますが、整形するときにプラパーツとパテが全く同じ素材ですから切削作業が均等に進み、パテ埋めが全くわからなくなる事はメリットかと、、、

と言うことで、今夜は龍馬さんでも見ながらランナー伸ばします。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 航空機模型

リュータービット

先日より、バートルの分厚い窓を薄く削る作業を進めているのですが、、、何というかやっぱり飽きてきました。透明プラパーツが相手ですからヤスリで削るだけじゃダメ、透明度が戻るまで研磨してやらなきゃなりません。それも8個もあります、手作業で耐水ペーパー作業を考えただけで、、パス。
モデルアート誌に割りピンのリュータービットが紹介されてたので近所のホームセンター覗いたのですが、売ってませんね、、ネット通販だといくつか見つかりましたが、通販で買うほど物でなし、、どうする??

で、出した結論がこれ
串カツの竹串を5cm程度に切って、耐水サンペを木工用ボンドで接着するだけ。これで研磨用ビットのできあがり!!600番、1000番、1500番で作ってます。
軸付き耐水ペーパー

バフビット。ホムセンで500~600円ですか、、、買ってもいいんだけど
やっぱりこいつで良いか??綿棒を2つに切ってピンバイスで掴めばバフ代わりにはなるでしょ。適当な研磨剤を染みこませて磨いてやります。
研磨用綿棒
リューター??電動ドライバーの間違いです。
ホムセンで買った980円の電池式リューターもあるのですが、電ドラのパワーに一票!!

この手のビットは消耗品ですので模型用ならこんな感じでも良いんじゃない?

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 航空機模型

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。