スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小国空軍機コン」 ファルコ完成

「小国空軍機コン」参加作、CR42ファルコようやく完成しました。

FIAT CR.42 Falco 史上最後の制式複葉戦闘機だとか、空戦能力は高く評価されていたようですが、さすがにWW2で複葉戦闘機は時代遅れだったようです。
と言うのは現代だから言える話。実際のところ日本だってWW2の初頭においては格技戦重視の戦闘機が望まれたわけですから何とも言えない話だったりします。実際の話ドイツ、ベルギー、ハンガリー、スエーデン、、なんかもこの機体を採用しているわけで、やっぱり名機の称号が与えられる飛行機だと思います。

作業後半はダルダルでしたが、やっぱり面白かったです。現用機フリークの小生としてはこんな事でもなければWW2のイタリア空軍機なんかに手を出すこともなかったわけですから。。
特にアメーバ迷彩なんて絶対に手を出さないハズの塗装なんですけど、こいつもやってみれば面白かったです。完成写真見るともう少しクッキリした塗装でも良かったか??などと反省しておりますが、まあ良いでしょう。

ファルコ完成3ファルコ完成8
ファルコ完成5ファルコ完成1
ファルコ完成6ファルコ完成2

コンペは始めての参加でしたけれど楽しませていただきました。
人様の製作過程を横目で窺いながら作るのも新鮮な感覚ですね。
これからもよろしくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

今週のファルコ

中島潔先生の作品展を見に難波の高島屋さんまでお出かけしてきました。中島先生の作品展を拝見するのは二回目ですが、今回は清水寺の襖絵!これが見たくて出かけたようなものです。さすが襖絵、迫力が違います。中島先生の作品は比較的小さなサイズのものが多いのですがこれだけの空間に描かれた作品は力強さが加わりますね。
絵を見てコメントできるほどの知識も素養も持ち合わせはいませんので多くを語れませんがすばらしいの一言です。
中島潔
展示場出口には例によって作品集だとか絵はがきが販売されてますが、ちいさく印刷された中島先生の作品はどうしても”可愛い”が印象になって何かが違うようです、本物からは全く別の印象を受けます、力強さ・パワーを感じさせてくれます。本物見て良かった。。満足です。

不満がひとつ、高島屋さん会場狭すぎ!!空調温度も高すぎです。
来場者が多いのはしかたないですが、後ろへ退けないくらいの空間に襖絵を展示するってどういうこと?所詮は百貨店の催し物なの?などと要らぬ詮索までしてしまいました。

で、今週のファルコです。
最終作業ですね、主翼を接合してます。ここで大問題発生!!て言うか仮組で判っていたんですが、、
上翼と下翼を繋ぐステーがうまく合いません、ステーの接着部が届くところと届かないところがバラバラに発生、、ここに来て切った貼ったの大工作業に入ります。
と言ってもここへ来てできることは多くありません、とにかく接着して隙間ができたところは伸ばしランナー埋め込んで流し込みの接着剤で溶かしてアートナイフの先端で表面をならして誤魔化します。。。
ファルコ主翼ステー
乾燥してからアートナイフで整形して、、塗装で誤魔化すしかないな(笑)

例によって張り線は0.2ピアノ線で行きます。スケール感も良い感じです。
ファルコ主翼張り線
ほとんど完成ですね。

残作業は、リタッチ、つや消しクリア吹いて塗装を整えてから、ペラ取り付けて写真撮り。こんな所ですね。



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ファルコ小物作業

いまさらですが、この日曜日の作業報告など、、
ファルコの脚回りを組み付けて、機銃を装着、ようやく最終段階です。

ブーツ履いた脚回りで組みたかったのですが、アメーバ迷彩にはこのむき出しタイヤの製作指示、、どっちでも良いんじゃない??と思いながら無知な初心者はインストの指示に従います。
ファルコ脚回りファルコ機銃装填
機銃の周囲に黒を軽く吹くつもりだったのですが、ブラシから飛び出したのは黒いツブツブ塗料、、ここに来てやるかーーー塗料が濃かった。。。トホホです。
気を取り直して、上翼の接着作業を開始しておりますが、、これが難物。この報告は次の週末です。

ファルコの完成が見えてきたことで、気持ちはそろそろ次のキット探しへと動いております。あーでもない、こうでもないなどと積みプラと格闘中ですが、近日中に発表しますね。



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

のろのろと

のろのろとファルコの仕上げ作業が進んでます。
あまりの寒さに塗装部屋へも行けず、作業机の上で小物のパーティングラインを消したり、筆塗り作業が中心だったりします。ちょっと浮気して他のキットをさわることもしばしば、、、

動翼を操作するロッドはこんな感じになりました。
ファルコ動翼2
この後、ステン線の長さを切りそろえて塗装すればできあがり。

こっちはピトー管です、内径0.4のパイプを使いましたが、やや太めかも。
翼端のライトも真鍮線にしました。クリアの伸ばしランナーのほうが良かったか?
CR42ピトー管
弩アップの写真ではじめて判りましたが、細かな綿ゴミがいっぱい乗ってます。エナメル延ばす時の綿棒が犯人だと思われ、もう一度全体をチェックしてふき取ってやりましょうか。これなら暖かい部屋の中でできそう(笑)

何とか今日中に形にできそうです。写真撮り含めて来週は完成報告させていただきます。




テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。