スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二式水戦完成

二式水戦完成です。
グダグダやってもキリがないので完成させました。
終盤に来て、アンテナ支柱が折れるとか、可動風防を固定する時に接着剤がクリア部分まで流れ込むだとかのトラブル続きで、こいつをリカバーして力つきました、、これ以上引っ張れない。。完成とします。

南洋の基地でバリバリに飛んでた時期をイメージして組んで見たのですがいかがでしょうね。。
二式水戦完成3
二式水戦完成2
二式水戦完成4
二式水戦完成5
日の丸はデカールを使いましたが、やっぱ塗装のほうが良さそう、反省です。

1/48の大戦機を組むのは小学校以来じゃないでしょうか?実質的に初めてのようなものです。凸モールドを彫り直したのも初めてで、いろいろ勉強になるキットでしたね。
塗装をイメージしながら次は全面リベットを打ち込んだ零戦が作ってみたくなりました。作ったことはなくても零戦はいくつか積んでますので、そのうちにリベンジです。

残すお手つきキットはトム猫、、今夜は猫さわりながら次作の検討に入ります。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

汚し

先日の休みは久しぶりに山歩きに出かけたのですが、下り道で右足首に違和感が、、気にしなければ感じないほどの痛みですが、二日経ってもしっくり来ません。体重に耐えきれず足首が悲鳴を上げたようです。梅雨が明けて行きたいところをいくつかピックアップしてあるのですが、しばらくお預けになるかもです。

明灰白色を吹いた二式水戦、綺麗です。でも綺麗すぎると考えてまして、汚しの方法を色々と模索してます。サックリ仕上げた後にエナメルで適当に汚して完成のパターンが多かったのですが、もう少し積極的に汚しを入れたいというのが今回の目標です。

明灰白色の上に少し黒を混ぜた明灰白色をシャブシャブに薄めて筆塗りです。
二式水戦、汚し
初めは筆跡を気にしながら丁寧に汚してたのですが、結局は邪魔くさくなってこんな感じ

筆塗りの上から、地色と同じ明灰白色を薄く吹いてやると行けてる??
二式水戦、汚し2

フラップ上面の警戒線を吹いて
二式水戦、汚しの仕上げ
機銃のススは仕上げに入れてやればそれらしくなるハズ。

当時の写真を見ても、こんなに汚れたものは見かけません、特に開戦当初は整備も行き届いており、塗装面は顔が写り込むくらい磨き上げられてたなんて記事も見ます。どうなんでしょうねーーーでも個人的に変化のある塗装が好きなこともあって、想像で汚しを入れてるのが実態です。

週末に機体下面にスス汚れを吹いて完成ですね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

パイロット

今週は家飲みでグダグダすることが多かったので、小物作業をコツコツやっておりました。そのうちのひとつがこれ、二式水戦のパイロットの塗装です。
72クラスだとフィギュアを作るのも一苦労ですが、今回は48ということもあってサックリと作って乗せるつもりです。その分コクピは手抜き作業ですから、、

フィギュア全体をレッドブラウンで塗りつぶすことから作業を開始。
二式水戦パイロット

いろんな色を塗り重ねて行きます。
ブーツ、手袋、飛行帽はダルレッド
シートベルトはダークグリーン
顔はタン
全体にエナメル黒で汚しをかけて、顔面だけはブラウンで影をつけてます。
シートベルトは濃いめのグリーンでも良かったですか、、
二式水戦飛行士
アップにすると微妙にドイツ人のような。。。

フィギア塗装は苦手な分野だったのですが、習うより慣れろ。やってみれば何とかなったようです。筆塗りの練習にも良い感じだと思います。
週末は二式水戦の本体を仕上げますね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

飴色って??

先日のブログで、二式水戦を飴色をイメージして吹いてみようなんて、簡単に書いたのですが、、飴色って何よ?いざとなるとこんな色は無いわけで、、どうする?

ネットで漁って、いろいろな議論を見ましたが結局は答えはないわけで、どうするかなーーー出した答えはこんな感じです。
飴色?
綺麗ですね、真っ白に見えます。これにクリア吹いて仕上げる方法もありです。
でも、やっぱり今回もダーティを目指します。

機体の基本塗装は明灰白色だったと思うんですよ、残存する機体の断片からは明灰白色に見えるんですよね。でも現地でニスをオーバーコートしたとか退色したとか考えると、当時の塗料の品質からすると様々な見え方をするのも当然ですね。
明灰白色を吹いて汚せば良いわけですが、そんなに綺麗なグレーとも思えないので、適当に混色して基本塗装にしてます。
Mrカラー35番、明灰白色1適量
Mrカラー33番、つや消しブラック少々
Mrカラー23番、ダークグリーン2少々×2
Mrカラー43番、ウッドブラウン少々
ざっぱなレシピですな、スペアボトルにやや多めに作っておきます。完了までこいつが基本の塗料になるわけで、汚しの色を作る時にもこの塗料をベースにします。
吹いた時はグリーン入れすぎたか?って感じでしたが、乾いた後の結果はやや濃いめの明灰白色です、これから汚しを入れていきますから色調は変わっていきますが、基本塗装はこんなところでOKとしましょう。

現用飴色塗装ですか、本当はどうだったんでしょうね。
私は明灰白色の退色化に1票です。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。