スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トムキャット完成

トムキャット完成です。ローンチしてから1年は掛かりすぎです。(^^ゞ
頑張って汚したつもりだったんですけど、写真に撮ると思ったほど汚れてない、、オーバーコートしたつや消しクリアーが白化してイメージと少しずれた感があります、これも反省ですかね。

エプロンのベースも綺麗すぎか?こいつは少しずつ手直しということで。。


この透明ケースに納めるためにベースサイズが24×31cmなんですが、羽根を広げたトムキャットには少々小さめ。
トムキャット収納ケース
このプラコンテナ、数年前にホムセンで3個ゲットしましたが、1個が千円オーバーでお値段が高め。追加で購入したくてもホムセンから姿を消してます。。まあ普通の人は買わないな、、PPのコンテナが数百円なんだし。
長らく探す気もなかったのですが、久しぶりにネットで探すと出ますね。
使い勝手の良いサイズなんで追加したい、、どうする??追加するか、、

キャノピー開状態です、キャノピーが真っ直ぐ付いてないのはご愛敬。。(^^ゞ
PEN12643m.jpg
PEN12638m.jpg
やっぱ思ったほど、汚しは行けてない。
完成直前にパネルラインにシャドーを吹いて調節しても良かったかな。

エプロンベースは雰囲気出してますけど、改善の余地あり。
PEN12778m.jpg
PEN12762m.jpg
PEN12760m.jpg
スペアエンジンは単品でも絵になるおまけ。フジミさんに感謝です。
ドライブラシで配管類を浮き立たせればもう少し良くなったと思いますが、タイムリミット!!

トムキャットと言えば、この絵が撮りたかった。
空母の甲板で夕日を浴びるトムは最高!!絵になります。
PEN12693m.jpg
この絵が撮れただけで満足。。
例によってギャラリーに写真をまとめてます、ポチッとやってください。

フジミのトム猫は初めて組みましたが、組みやすさモールドの美しさはハセを越えてます。フル兵装とスペアエンジンが付属するのも二重丸。

これで一段落、次は何を組みますか、、妄想が広がります。。この連休中に決定して手をかけたいのですが、あまりの暑さに萎え。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

トムキャットその後、、

トムキャットも完成して次作を模索中なんですが、何もしないのも面白くないので少し遊んでます。まずはフジミさんのおまけ、F110-GE-400エンジンです。

おまけにしては良くできた造形です。
ノズルが開いた状態のパーツが欲しかったのですが、そっちはF14本体に使ってますのでしかたなくこの形に。。
フジミ-F110-GE-400エンジン
ドーリーはもっと汚した方が、らしく見えたのかも。

もう一つの工作、写真撮り用のエプロンです。ベースになる板材と2mm厚のプラバンを二枚重ねで使う予定、サイズは240×310mm、1/72専用ですが諸般の事情で少し小さめ。
エプロン材料 エプロン-スジ彫り
ベースの木版はオイルステインで着色します(写真取り忘れ)
プラバンには、14×12cm間隔でスジ彫りを入れてから #240のサンペで表面を少し荒らしてます。
エプロン下塗り エプロン塗装
ベースにする板材はホムセンで2枚切り出してもらいました、もう一枚はハンガー風に仕上げてストックしておけば雰囲気替えた写真が撮れるかな??

塗装の参考にグーグルマップでエプロンの航空写真を集めてみました。こんな絵が簡単に手に入って良いのか?
エプロン-厚木飛行場2 エプロン-岩国飛行場
厚木と岩国のエプロン、、D-BacksのCAG機が見える(激しく作りたい。。。)

空自は百里のF15、下の方にはRF-4なんかも写ってたんですが、、
ネリスのエプロンはカラフルで良いな。。オイルの滲み跡は失笑なんですが、現用機でもオイルは普通に漏れるんですよね。
エプロン-空自百里 エプロン-ネリス
写真を参考にして塗装するつもりが、、写真集めが面白くて、、何をやってんだか。結局は自分の感性で塗装を完成させることに。。(笑)

小物の準備もしたことだし、トム猫の写真撮って完成ですね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

トムキャット兵装

ここへ来てようやく梅雨の天気が続きますね。昨日はなんとか雨はあがったものの、今日は再び雨。もう少し天気が続くと予想してたのですが自宅でグズグズ状態です。

トムキャットの脚回りを組み立てました。
ハセガワに比べるとフジミの脚回りは簡単です。2パーツでこの脚が出来上がるのは簡単で良いのですが、ヤスってパーツの長さを調整したり、、それなりに摺り合わせが必要になります。こいつもそれなりに誤魔化して。。(^^ゞ
トムキャット脚回り組立
ハセはパーツ形状まちがってんじゃない??くらいに難解です。

AIM-54 フェニックス×4
AIM-7  スパロー×2
AIM-9  サイドワインダー×2
フジミさんミサイルをフルセットで付属させてます、ありがたいですね。ちなみにハセは別売り。。トホ
組立を始めた初期の頃から組み立ててあったのですが、塗装ができたのは昨夜。どうして機体と一緒に塗装しないかな。。
トムキャット兵装
長距離・中距離・近距離のミサイルで対艦攻撃機要撃用の機体として正装ですね。
AIM-120AMRAAMを運用できないのはなぜ??と言う疑問もありますが、冷戦終結後は米空母艦隊に直接攻撃するような国も居なくなり艦隊の護衛はイージス艦に任せて、対地攻撃能力の付与を優先させてボマーに変身したのも判る気がします。(ボムキャットもそのうちに作らなければ。。。)

ミサイルにも軽く墨を入れてパイロンに取付。
いつもなら機体にパイロン付けてからミサイルを接着するのですが、どうも取付角度が変だったりするので今回は順序を変えてみます。
トムキャット・パイロン

残る作業は、アンテナ&センサー類の取付とタッチアップ、、家でグズグズしてる本日中に仕上げます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

可変翼を固定翼に??

ザックジャパン、W杯出場決定おめでとうございます。
テレビ見るために早めに帰宅したつもりだったのですが、ゲームを見たのは後半開始から、、スリリングな展開でしたが。。おめでとう!!

日曜にトム猫の作業も士の字まで来ました。お見せしたい所ですが、汚し作業に入りまして、、写真はしばらくお待ちください。
今日は可変翼モデルの特有作業の備忘録です。

トム猫キットには主翼後退のギミックが付き物ですが、誰もやりませんよね(たぶん)。このギミックが問題で完成後に主翼が垂れ下がるんですよ。特に前進位置だと翼の重さに耐えられません、後退位置だと多少は軽減されるかも??
拙宅の1/48トム猫に至っては主翼を前進位置で固定したため、接着部分が剥離した感さえありますし、胴体の上下も接着部から割れる危険も、、飾り棚の中で腫れ物状態だったりします。

トム猫製作ではこの主翼をしっかり固定したい。今回は仮組段階から主翼の基部に位置決め用の穴を開けて主翼接着に備えてます。
F-14主翼固定
固定は真鍮線か伸ばしランナーか決めてなかったんですけど。

機体と主翼の塗装後に接着作業です。
フジミF-14可変翼を固定する
主翼付け根の円盤にある凹部がフジミさんのモールド、羽根をパタパタさせて遊んでくださいってか??本気でパタパタしたいなら、ここに太めの真鍮パイプを入れないとね。。次はやるか??

固定用の穴に接着剤をたっぷり流し込んで伸ばしランナーをぶち込んでます。
フジミF-14可変翼を固定
表面に飛び出した伸ばしランナーを綺麗に整形してリタッチ。。
でも考えれば、パイロンと脚庫カバーで隠れるところに穴を開ければ、適当に仕上げても問題なしだったりして。。

トム猫の製作記事はたくさん見るのですが、皆さんこんな事やってない、どうなの大丈夫なの???小生は主翼差し込む時に、パキッ!!と胴体上下の接着が割れる音まで聞こえたのにね。。(^^ゞ

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。