スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かまぼこ板

かまぼこ板です。けっこう模型製作で活躍する優れもの。
ホントにかまぼこが付いてたわけでは無いですが、ホームセンターで板材切ってもらったときの残材が、偶然かまぼこサイズでしたのでこう呼んでます。


片面にはVブロック状の深い溝、大小2本を入れてます。
これは航空機のドロップタンクなんかにスジ掘る時に使ったような。
丸棒系の加工には使えます。
かまぼこ板1


裏面には、穴があいてたり、十字状の溝切ってたりします。十字の溝は真鍮マストの位置決めようですね。所々焦げた跡があるのはハンダごてで焼いた跡。
かまぼこ板2


羽黒の砲塔は、こんな感じで砲身を角度決め
羽黒-砲塔製作


他にもサンドペーパーのあて板に使ったり、いろいろ使える優れもの
こんなものひとつ用意しておくと便利ですよ。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル 製作記 イッコー

羽黒-砲塔製作

羽黒もゆっくり進んでます。
ま、ゆっくりゆっくりとパーツ製作を併行作業で進めて最後は一気に完成ともくろんでます。


こんな感じで砲身・砲塔の塗装をやったのが8月初めってか。もう9月も終わりだよ、ここまでやって進んでないのか、我ながら情けない。
羽黒-砲身塗装


砲塔5機、砲身10本の整形は変化が少なくて結構じゃまくさい作業です。
羽黒-塗装治具



塗装から2ヶ月、あとは砲身を接着するだけ。今日こそ一気にやります。まずは治具作り、かまぼこ板のような板切れに砲塔を固定して、砲身の角度固定用のガイドをプラバンで貼り付けて、ここにパーツを乗せてゆきます。
羽黒-砲塔製作
マスキングゾルは仮止めの接着材代わり、結構こんな風に使ってます。


砲身の角度は治具が決めてくれますが、平行になるようにするには目で判断するしかない。マスキングテープで仮止めした後もピンセットでコチョコチョ。位置が決まれば、砲身基部に流し込み接着材をピッと流して、乾燥を待ちます。
マスキングを剥がすのが楽しみ。。


けど何だかなー治具がいるかーー。子供の頃は砲塔の接着なんて5分とかからずに作業完了してたような気がする。チューブのセメダインをブチュって押し出してパーツをあわせりゃ接着完了。乾燥なんか1時間も待たなかったような気がするんだが。










テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル 製作記 イッコー 艦船模型 羽黒

モノグラムのコニーをゲット

何と言うこともないのですが、暇だったので尼崎の模型店・レオナルドへ出撃。
目当てはクラッシックジャンボだったのですが、これが在庫なし、、ダッシュ400しかないんですよね。2~3年前なら簡単に手に入ったキットだと思うのですが今や絶版ですか、ハセガワさん再販してくれませんかね。

で仕方なく商品棚を物色して、探し当てたのがこれ。モノグラムのコニーです。
ロッキード・コンステレーション、通称コニー。
レトロな箱絵ですねーー。この箱絵眺めるだけで満足。これほんとに作るの?
このまま置いておきたいそんな気持ちにさせてくれる哀愁ある箱絵です。
コンステレーション
やっぱり永久在庫かな。
コニー作りたいなら、ミニクラフトのやつ持ってるし。。

キットの箱絵もさることながら、やっぱりこのスリムな機体、長い足。美しい造形に設計者のセンスの良さを感じます。ジャンボのグラマラスなボディも良いですが、コニーの品のある美しさにはかないません。
2008年にこれが伊丹に飛来したとは全く知らず、ほんと悔しい。

他にもいろいろ物色したのですが、これと言って触手の動くキットが無かったので、箱なしキットに手を出しました。
  1/72 ストライクイーグル  ハセガワ
  1/48 スーパーセイバー  アカデミー
お買い物2点

ストライクイーグルは作る予定で、入手してなかった物が偶然見つかり即ゲット。
セイバーは、確か押し入れに箱があったような、たぶんあった。でもゲット。
他にもっと探しても良かったのですが、どうせ何時組むかわからない状態ですので、今日はここでストップ。しめて5000円のお買いあげ。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル イッコー 製作記 航空機模型

スズメバチをメークアップ2

半年ぶりに作業を再開したスズメバチ。いきなり作業が1ヶ月停止しました。
原因はデカール貼り。この作業工程がどうしても苦手でさけてました。苦手の原因は作業時間です。デカール貼りを始めると2~3時間は作業に集中することになりますが、この”集中”がなかなかできない。ダラダラの2時間は、簡単なんですけどねー。

ベースメイクができあがった機体に、デカールを乗せて軟化材をペタペタ。水を含ませた綿棒で押さえてモールドになじませます。のっぺりしたスズメバチもデカールが乗ると機体にアクセントがついていい顔になってきます。
ホーネット-デカール貼り1
このデカールの出来が悪い。
分厚い、堅い、当然の結果としてモールドになじまない。特別に悪いわけのない標準レベルのデカールなんですけどね。腕の問題か???

小物系のデカールは簡単。
位置あわせができれば軟化材を塗って押さえてゆきます。
ホーネット-デカール貼り2
編隊灯は塗り分けても良かったよなー。せっかくモールド筋彫りしたんだし、けど1/72で塗り分けは無いか、、などと考えながら貼ってます。

エアインテーク部分は局面です、ここも軟化材を2~3回塗りながら押さえてゆきます。
ホーネット-デカール貼り3

こんな簡単なデカール貼りも、終わってみれば2時間かかってましたね。コーションマークもないのに2時間はきついです。

デカール貼りながら、塗装のもれ、キズなんかをチェックしてますが、
”あ゛ー機首先端塗ってねー”、とか色々出てきます。でも、こんなこと気にしてたらいつまでも完成しません。完成までに塗れば良いんです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : プラモデル 製作記 イッコー 航空機模型

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。