スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平日はマスキング

会社から帰って模型をさわるわけですが時間にして1時間以内、平日はヘビーな作業はほとんどできず、日曜からコツコツ始めた鈴谷の甲板マスキングが4日目にようやく完成しました。ついでにHAWKのマスキングもちょっとだけ進展。

艦船のちまちましたマスクに比べて飛行機はけっこう大雑把ですね。塗り分けラインに見当つけてスパッと細切りテープを貼り込むだけ簡単す。キャノピーに多少手こずりますが、船に比べれば。。。
ホーク・マスキング

鈴谷は甲板上の構造物を避けながら、細切れのテープを貼り付けます。マスクせずに筆塗りで済ませるパーツも多少あるのですが8割くらいはマスクしたと思います。
鈴谷マスキング
飛行機だけやってたら信じられない作業です。
おかげでキャノピーのマスクが苦にならなくなりました。

ここまでやっても色を吹くのはやっぱり週末ですね。エアブラシ置いてる場所は暖房利かないし、やっぱり時間がない。週末までに塗装したいパーツをコツコツ組み立てて、一気にまとめて楽しんで色を吹きたいです。


スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 艦船模型 鈴谷

今日の鈴谷

休みなんですが、何となく風邪気味なんで終日家にいました。結構やることはあるんですけど。。。

今日の鈴谷です、進水はしたものの甲板塗装がまだですので、上部の構造物を載せる事ができません。甲板のマスキングをやりながら、構造物の加工を始めました。
艦船模型の見せ場のひとつ煙突部分です。モールドはハッキリしてるんですが、模型的にはもう少し立体感があったほうが印象が良いかな?と言うこうとでこのモールドは削ります。
鈴谷-煙突

削り落とした蒸気捨て管はモールドは真鍮線や真鍮管を加工して再現してやりますが結構手間がかかります、左右対称で同じ形に加工したいんですが、、これがなかなか難しい。
ジャッキステーは伸ばしランナー、こいつはオリジナルのモールドで十分なんですがモールドを削ったついでに落としてます。
鈴谷-煙突を真鍮線に置き換え
何度か作り直したのですが、、こんな所でストップです。
ラッタルはサフを吹いた後にエッチングパーツを貼り付けます(忘れそう、、、)

煙突のモールド以上に手間のかかるのが甲板のマスキング、テクニックじゃない。愚直に細切れにしたマスキングテープを貼るだけです。現在は日曜夜11時、まだ続けてます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 艦船模型 鈴谷

変なスイッチが入った

今週は4日間しか出勤してないんですけど疲れました。仕事の大半は震災のバックアップです。関東方面の仕事を関西で代替えするわけですけど、通常の期末仕事もあるわけで、、倍以上働いた気がします。関東エリアの同僚の事考えると恵まれてるわけで頑張るしかないんですけど。

3月の初めだったと思うのですが、出勤時に高速道路の入り口で横に並んだ車が82式指揮通信車。陸自の伊丹が近いこともあって、ふだんでも高速道路を併走するし一般道でうしろに付いた事もある、基地祭なんかでもよく展示されてて別に珍しい車両じゃないんですけど、、アレれ、、今日は違う、、ゲートで並んでスピード落としたせいか指揮通信車の存在感を感じる。デカイ!やつは軍事車両だ!!感じた瞬間に変なスイッチが入った、、、”作りたい!!”

会社の帰りに近所のジョーシンへ、、Pitの82式指揮通信車を探すが近所じゃやっぱり手に入らない。次回の聖地巡礼でゲットすることにして、今回は無難な陸物をテーマに物色します。安全牌と思われるタミヤからゲットしたのがこの2点

陸自・軽装甲機動車-イラク派遣仕様、よく見る車両だし自動車感覚で作れる?
タミヤ軽装甲機動車

コレも珍しくもないかM1025ハンビー、フレンドシップデーで米軍基地に入るとこいつの同型車両が普通に置いてありますから、何となく雰囲気でゲット。
タミヤハンビー

いつかはやると思ってた陸物ですけど、こんなきっかけで始めようとは、、
大戦物でも良かったのですが資料の入りやすい現用機材を選択してます。やるならやるで作りたい物もあるのですが、この話は長くなるんで後日。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 AFV

鈴谷進水

鈴谷です。損傷した艦首を再生して本日無事に進水させることができました。まあ進水状態なんで甲板上の構造物はこれから、この先がすごく長いんですけど、、

まずは損傷した艦首の再生作業です。適当なランナーを接着して3~4日放置、接着部分がずれないように瞬接も併用して固めてやります。プラパーツ盛り上げて接着剤を十分乾かしてからアートナイフで整形してやるだけです。
鈴谷艦首再生
じっくり時間をかけて乾燥させないと失敗するんですよね。。

サックリとナイフで削った状態がこれ、サンペで形を整えればなんとか、、、
錨鎖甲板も接着して強度を確保してます。
鈴谷ポリキャップ
艦首の再生を急いだおかげで砲塔に仕込むポリキャップを忘れました。。。

錨鎖甲板を剥がしてリカバーしても良かったんですが、、ここは艦底に8mmの大穴開けてこっちからパーツを仕込んでやることに決定。(会社からドリル借りてきました。。)
鈴谷艦首整形
この程度のトラブルではジタバタしなくなってる自分が怖い。

艦首よりも問題が舷側のバルジですよ。
舷側のモールドは艦首付近にかまぼこ状のバルジが再現してあるものの、中央部分のモールドがあいまいなんですよね。組説や箱絵を見る限り艦首から艦尾に向けてバルジがキッチリ描いてあるのに、パーツではバルジがあるのか無いのかハッキリしない。艦底パーツが舷側より外に飛び出してバルジを主張してるような気もするのですが、、、怪しいです。タミヤさんどうなんですかね??
と言うことで、今回は舷側より飛び出したバルジらしき物を削り落としてプラバンで作り直すことに、、0.3mmプラバンを二重に貼り付けてからサンペで整形してバルジを再現してやりました。
鈴谷-バルジ作り込み
正解はどうなんでしょうか、最上の図面を見てみましたがバルジは喫水線より上に少し見えるはずなんですよね。

中央部の甲板を接着して、舷側の汚水捨て管を取り付けます。
汚水捨て管も図面が無いので、箱絵を参考にしてそれらしくプラバンを貼って、ようやく進水させることができました。
鈴谷進水
バルジの主張が強すぎますか???
肉眼ではそんなに目立たないんですが、写真だと結構目立ちますね。

艦首の損傷から2週間、艦橋だとか併行作業で作ってれば良いのですが、、そっちは全く手つかず。艤装作業はぼちぼちやってきます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : イッコー プラモデル 製作記 艦船模型 鈴谷

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。