スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のお題

次のお題を考えてまして、四輪ものをトライするつもりだったのですが、F40のパッケージを開けるとパーツの量にげんなり、、夏場に脂っこいものは体が受けつけなくなってますので、しばらく積むことに。。
代わりに頭に浮かんだのがエアライナー、、久しぶりです。

やるのはこいつ、ロッキード・コンステレーション。愛称はコニーですね。
綺麗ですねーー最後のレシプロ旅客機、1980年代後半までは現役で商用運行されてたと思いますが、今となっては飛べる機体は10機もないと思われるのが惜しいです。
ロッキード コンステレーション

流れるようなナイスバディ、細く長い足、コンパクトな尾翼、、
好きなんですこいつ。飛行機が女性名詞であることはこの姿を見れば納得です。

飛行機はパワーで飛ぶんじゃない、空に浮くように設計されてるから飛ぶんだよ、そんなことも感じさせてくれます。

これだけ優美な姿ですから、資料はネット上にたくさん見つかります。
このサイトはお気に入りです。
Ralph M. Pettersen's Constellation Survivors Website
レジ番号毎にその姿が記録されているのは資料価値が非常に高いです。storeされている姿は見るに忍びないものも多いのですが、、

2005年終の棲家へ向かうために函館に飛来した事も記録されてます。
Bye Bye MATS Connie April 2005
このラストフライトも大変だったみたいで、騙し騙しというかひとつ間違えば大事故に繋がるフライトだったみたいです。

いつかは作ると決めたコニーですから、キットは積んでます。
Monogram,Minicraft,Revell,Heller作る見込みも無いのに5つも積んでる(爆)
Lockheed Constellation
手をつけるのはMonogramのキット。
こいつはハズレの評価が多いのは知っていますが、中古市場で比較的簡単に手に入るキットですので、習作のつもりでやってみます。サックリ作るならRevellとは判っているのですが、、

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

格納庫

二式水戦の翼端灯を塗り漏らしておりまして、昨夜サクッと筆塗りで仕上げました、これで本当の完成です。格納庫に収納してみましたが二式水戦ってやっぱり大きいですね、背の高さだけならトム猫に負けてません。

拙宅の格納庫もそろそろ満杯状態です。
左に少し写ったのが第一格納庫、奥行きが短いので航空機なら1/72しか入らず、艦船&車両の専用格納庫になってます。メインの第二格納庫は7段の設置スペースを用意したのですが、ご覧のようにそろそろピンチです。1/72機で3~4機を追加したらパンクですね。

格納庫
完成品は駄作・傑作すべて保管してます。廃棄したのは出戻り初期の航空機モデル2~3機です。駄作には駄作の思い入れがあったり、反省材料だったりします。

市販されてるショーケースだと綺麗にたくさん格納できると思うんですが、お値段もそれなりに高価だし、個人的に嫌いなのがガラスの棚板、棚板はアクリルがベストだと思うので、結局は自作の道かもしれません。
まあ部屋が狭くてこれ以上格納庫を増設することも難しいので、格納庫に代わる収納方法の検討も必要ですね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

二式水戦完成

二式水戦完成です。
グダグダやってもキリがないので完成させました。
終盤に来て、アンテナ支柱が折れるとか、可動風防を固定する時に接着剤がクリア部分まで流れ込むだとかのトラブル続きで、こいつをリカバーして力つきました、、これ以上引っ張れない。。完成とします。

南洋の基地でバリバリに飛んでた時期をイメージして組んで見たのですがいかがでしょうね。。
二式水戦完成3
二式水戦完成2
二式水戦完成4
二式水戦完成5
日の丸はデカールを使いましたが、やっぱ塗装のほうが良さそう、反省です。

1/48の大戦機を組むのは小学校以来じゃないでしょうか?実質的に初めてのようなものです。凸モールドを彫り直したのも初めてで、いろいろ勉強になるキットでしたね。
塗装をイメージしながら次は全面リベットを打ち込んだ零戦が作ってみたくなりました。作ったことはなくても零戦はいくつか積んでますので、そのうちにリベンジです。

残すお手つきキットはトム猫、、今夜は猫さわりながら次作の検討に入ります。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

汚し

先日の休みは久しぶりに山歩きに出かけたのですが、下り道で右足首に違和感が、、気にしなければ感じないほどの痛みですが、二日経ってもしっくり来ません。体重に耐えきれず足首が悲鳴を上げたようです。梅雨が明けて行きたいところをいくつかピックアップしてあるのですが、しばらくお預けになるかもです。

明灰白色を吹いた二式水戦、綺麗です。でも綺麗すぎると考えてまして、汚しの方法を色々と模索してます。サックリ仕上げた後にエナメルで適当に汚して完成のパターンが多かったのですが、もう少し積極的に汚しを入れたいというのが今回の目標です。

明灰白色の上に少し黒を混ぜた明灰白色をシャブシャブに薄めて筆塗りです。
二式水戦、汚し
初めは筆跡を気にしながら丁寧に汚してたのですが、結局は邪魔くさくなってこんな感じ

筆塗りの上から、地色と同じ明灰白色を薄く吹いてやると行けてる??
二式水戦、汚し2

フラップ上面の警戒線を吹いて
二式水戦、汚しの仕上げ
機銃のススは仕上げに入れてやればそれらしくなるハズ。

当時の写真を見ても、こんなに汚れたものは見かけません、特に開戦当初は整備も行き届いており、塗装面は顔が写り込むくらい磨き上げられてたなんて記事も見ます。どうなんでしょうねーーーでも個人的に変化のある塗装が好きなこともあって、想像で汚しを入れてるのが実態です。

週末に機体下面にスス汚れを吹いて完成ですね。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。