スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊-19進捗報告

今週は仕事の関係で理化学研究所・計算科学研究機構のスパコン京を見せていただけると言うことで行ってきました。
見たからと言って何が分かるわけでもないのですが、今が旬な話題の施設ですので話のネタに見てきました。同行したメンバーはほとんどがコンピュータは素人で、案内をしていただいた方に対する質問もトンチンカンと言うか、一方で妙にコアな質問を投げておりましてご迷惑をかけました。。
京スパコン京
京の文字が入ったラックはCPUが入っているだけで、ピル全体が1台のコンピュータなんですね。

前回のブログで製作快調とか書いたのですが、2週間もブログ更新せずに進捗報告ができておりません。サクサク作業が進んでブログ書く暇もない??
まとめて今日までの状況です。
艦橋部分のパーツです、窓の部分はモールドをカッターで削り取ってプラバンの短冊で窓枠の桟を再現しました。EP使えば良いのですが、EPだと艦橋の屋根部分を支える事ができないと思いましてこのような改修作業でございます。
伊-19、艦橋改装伊-19、艦橋改装
窓の大きさにバラツキが出ましたね、やっぱEPだったかな?

艦首と艦尾のモールドです。サフ吹いて仮組みした状態です、モールドの状態がよく判っていただけるかと。。
甲板側パーツの艦首側に若干のヒケがあるのですが、この写真では分かりません。
よってヒケは埋めてません。汗(^^ゞ
伊-19、艦首造形伊-19、艦尾造形

黒でシャドー吹きしてから甲板・艦体の順に基本塗装を吹いてゆきます。
甲板パーツは組説だと指定色はウッドブラウン、何を考えたか一度タンを吹きまして、、その上からウッドブラウンとタンを混色して更に一吹きしたのがこの色。
伊-19,甲板塗装伊-19,甲板塗装
どうせエナメルで汚すわけで基本塗装にこだわる必要もないのですが、気持ちの問題ですね。

組み上がった艦橋部分を甲板に乗せました艦橋内部の甲板は先に汚しを入れてますが、、たぶんこの後も汚すと思います。
伊-19、艦橋基本造形

艦体の方も基本塗装終了です。
このあとで艦体の上下を貼り合わせるわけですが、こうなると内殻のパーツは二度と見ることはありません、おかげで内殻パーツは基本塗装だけで全く細工無しで進めさせていただいてます。
伊-19、艦首基本塗装伊-19、艦尾基本塗装

艦体に汚しをかけて、艤装品、兵装を乗せればほとんど完成ですね。
あれ??オリジナリティがない。素組??

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

伊-19製作快調

伊-19製作快調です、と言うかAFVクラブのキットが良くできてる。
甲板と艦底のパーツを貼り合わせれば、あとは小物の艤装を施すだけで完成です。まあ潜水艦ですからこれと言った艦橋や砲塔があるわけでもないのでそれまでの話ですが、バリもなく合いが悪い部分もなく、拍子抜けするくらい簡単に事が運んでます。

主要パーツはこんなものです。
甲板・艦底・内殻の3点ですね、こいつらを貼り合わせたあとで小物の艤装を施すだけで完成です。たぶん。
伊-19、主要パーツ

艦首・艦尾のモールドです。
伊-19、艦首伊-19、艦尾

艦橋部分はこんな感じ、窓の部分を開口してやればそれなりのDUPと言うところでしょうか、、
伊-19、艦橋
艦橋はこの2つに板張りの甲板と艦橋の屋根と格納庫部分の扉、合計5パーツにアンテナなんかの小物をつけて完成です。

予想以上に簡単に製作作業が進んでます。
と言うか、最新の模型を作ったことが無いのが悪いのか、、一時代前のキットしかさわった事のないオールドモデラーにはビックリの簡単キットです。
でも、このまま素で完成させるほど素直な感性のモデラーでもないのがネックです。どこかさわれるところがないか探しておりまして、、、どうなる事やら。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

さて、次回は、、

コニーが終わった。さて次はどうする??
お手つきはいろいろ積んでますけど、、仕上げるモチベは今一つ。
流れから行けばロッキード繋がりでP-38かT-33を行きたいところですが、在庫キットは1/48ということもあって今回は見送りです、、
いっそのこと新ジャンル行ってみますか、1/350艦船模型!!
一世を風靡した1/350艦船模型です、みんなホントに納得行く作品ができたのかな?大丈夫でしたか??

1/350艦船模型はコスト、保管場所など種々の課題があってさすがに積んでませんね、選択できるキットは限られます。
限られた在庫の山から引っ張り出したのは伊-19。船じゃない?
こいつも立派な船ですよ、潜水艦とは言え当時は潜水もできる船ですから。。
次回作は1/350艦船模型
AFVのキットは初めてですね、、どうなんだろ?
評判は悪くなかったと思いますが、雑誌の評価は信用できないのがホントの所だと思います。こればっかりは自分でやってみるしかないですね。。。

先日"終戦のローレライ"を読み終わったところです、小説としては面白かったのですが個人的には今一つのストーリー展開だったような気がします(何でだろ??)、伊-19を引っ張り出したのは関係があるのかな?関連性は無いと思うのですが、タイミング的に記念と言うことでサックリ作ってみます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ロッキード・コンステレーション完成写真

ロッキード・コンステレーション完成写真をアップしました。
写真をクリックしていただくとギャラリーページに飛びますのでよろしく。。。
ロッキード・コンステレーション完成3


コニーの研ぎ出しにスポンジ研磨剤を初めて使ってみました。
グッドです!!
研磨には耐水サンペの信奉者でして、ずっとサンペオンリーだったのですが、こいつは優れものですね。加減を加えながら押さえてやることで確実に面に密着します、おかげで均一な研ぎ面が簡単に得られます。研面の目詰まりが少ないのも良いですね、安定した研ぎ出し作業が続きます。
しばらくこいつのお世話になりそうですね。
サンペもスポンジに巻き付けて使ってたんですけど、柔軟性が弱くてあたりの強いところが出たりで難しかったのですが、ここまで均一なあたりをしてくれるのはやっぱり優れものです。
3Mスポンジ研磨剤
番手ちがいで3種をゲット。荒いほうは要らなかったかな、、まあ1枚だけだし、、
模型ショップで購入すると300~400円/枚
近所のホムセンだと180円/枚。。。置いてないホムセンが多いので要注意です。
個人的にはサンペに比べても許せるお値段です(笑)、、

仕上げは液体コンパウンド。こいつもホムセンでゲット。
液体コンパウンドは油性と水性があるらしいのですが、もう塗料を吹かないと決めた時に使うのがポイント。この上には塗料は乗りません、あしからず
soft99液体コンパウンド
こいつを買ってからハセの液体コンパウンド使ってないような。。

仕事の材料探しにホムセン回るのは日課のようなもんですが、模型用の材料もついでにゲットするのも日課です。。模型ショップより身近だしお値段もこなれてる??
模型ショップで値段を見てバカにしていたスポンジ研磨剤ですが、、優れもの!!

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。