スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の操縦席

EJ改の機体製作が一区切りついたので、久しぶりにF-14をさわり始めました。
と言うかトムキャットも半年以上放置してましたので、少しづつ触って状況を思い出さないと(笑)
状況としてはパネルラインのシャドウ吹きはできているので、小物を仕上げてマスクすれば本格的な塗装に入れるハズ。と言うことで、コクピット周りをチェックして、グレアシールド接着してキャノピーを被す作業に入りました。

前席のグレアシールド被せてビックリ!!
計器パネルが奥の方に入って全く見えない???
失敗したか?組説とパーツを確認すると作業に間違いはない、、フジミさん大丈夫かな。。ひょっとしてここは細工しないといけなかったのか?どう見ても怪しいです。

フジミオリジナルの状態です。
計器パネルが奥の方にあります、撮影用に奥まで写るようにライトあててますがホントは全く見えません。
トムキャット・コクピット、フジミ・オリジナル
オリジナルのパーツの写真を取り忘れましたが、これで3mmくらい削って短縮した状態です。オリジナルの接着位置だとこんな感じです。

こっちが修正した状況です。
計器パネルを引きはがして接着し直すことも考えましたが、こんな時に限ってしっかり接着できてます。
グレアシールドのパーツをもう少し短くして前よりに接着する事で対策とします。
トムキャット・コクピット、グレアシールド短縮
本来なら、計器パネルを位置決めのダボから2mmくらい機体後方に接着して、逆にグレアシールドはパーツを1~2mm短くして前よりに接着してやればOKと言うところでしょうか。
て、、この小さなコクピットで4mmも位置を調整する必要があるのか?フジミさんどういうつもりだったんでしょ。。

この業界、少々の間違いは目くじら立ててもしかたがないと言うか、怒ったところで対処していただけるものでもなく、メーカーやキットの個性として許容しながら楽しむ心の広さが求められるようで、、痛し痒し、トホ。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ハセ・ファントムのキャノピー

今年はブログの更新回数を少しでも増やしたいと思っていたのですが、やっぱ難しいですね。週1報告がやっとかも。。

ファントムのキャノピー仮組状態です。
短冊テープでマスクした透明パーツを並べて合いを確認、ぴったり合います。ここで段差がでるようなら密柑山ですが。。(笑)
キャノピー仮組
透明パーツの最後部に繋がる胴体パーツ(A19)、組立図にはキッチリと指示が書かれてますが、ランナーを図示したページでは黒塗りの不要パーツですね???一瞬青くなりました、、パーツ捨てた!!
ゴミ箱か??ゴミ箱の上から丁寧にゴミを拾い上げて他の袋へ移します。ゴミ箱の底が見えた瞬間、ありました。やっぱここでしたか。
製作中に無駄なパーツ見るの嫌なんで不要パーツとか無駄なランナーはゴミ箱送りにするんですよね、でも完成するまでゴミ箱を処分できない。。悲しい習慣です。

機体外板のモールドを黒でシャドー吹き。
空自機独特の汚れを再現する方法もいろいろ報告されてますがどうするかな??今は下手なこと考えずにシャドーの上からグレーを吹く予定ですが、、悩みどころです。
ファントムシャドウ吹き

キャノピーを接着する前にコクピットを仕上げます。と言ってもスティック立てて、シートを接着するだけ。
シートの出来の良さにキャノピー開を一瞬考えましたが、この写真で見た計器パネルに立体感が無いのは寂しいです、キャノピーはクローズですね。
ファントムコクピット1ファントムコクピット2
スティックって作り直した方が良いのか?
あんまり作り直す人は見たことが無いですが、個人的には少々消化不良。キットオリジナルのスティックって納得行かない出来です、、次はやってみるか。。。

キャノピーを接着して本日作業は終了です。
先行製作中のトムキャットと並ぶところまで来ました、て言うかトムが進んでない(爆)
ファントムと雄猫

これからは、トムとの併行作業を予定してます。



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

ライトニングストリップ

拙宅のネット環境が昨夜からおかしくなりまして。
ネットに全く接続できず1時間くらいあれこれやってましたが、通信経路上の不具合だろうと寝てしまいました。本日はパソコンの電源入れると何事もなかったかのように繋がります。でも変、速度が上がらない、パソツウの時代に戻ったようなスピードです。
モデム、ルーター、PC、全てを再起動して速度は通常状態に復帰しましたが原因不明。夜になってからは回線の遮断が時々発生してます。。
どうしますか?しばらく様子を見るしかないのは判っているのですが、、気持ち悪い。

F-4EJ改の機首レドームです。
ライトニングストリップはどこに行ったのハセガワさん??機首レドームは本体と別パーツなのにライトニングストリップは無しですか、そっか1/72だから見えないのね。納得しましょう。
F-4EJ改レドームの整形1

1/72ですからライトニングストリップは再現無しもありだと思います、実機でもほとんど目立たないのがホントの所ですから、
でもモデラーとしてはオーバースケールでも再現してやりたい所だったりするわけで、やるしかないですね。
0.3mm角のプラ棒を貼り付けてみると、かなりオーバースケール。サンペでプラ棒を少々削り落としてやれば良い感じですか?サフ吹いて作業完了とします。
F-4EJ改レドームの整形2F-4EJ改レドームの整形3

エアインテーク部分の整形もサクッと報告します。
機体とエアインテークのR部の曲率が違うようで、結構な段差ができます。ここはパーツを整形しただけでは段差が解消できません。段差の低い方にプラバン&瞬着盛りをした後でガシガシ削って修正です。
EJ改、エアインテーク整形1EJ改、エアインテーク整形2
EJ改、エアインテーク整形3EJ改、機体下面整形
機体下面にも段差ができますが、瞬着盛りで誤魔化せるレベルです。。てか

グダグダやってきた機体の整形作業もこれで終了、塗装作業へ進みます。
て言いながら、拙宅の塗装スペースはシベリア状態。どうするかな~~箱のフタ閉めて春を待つのもなんて選択もあるのですが。。(笑)


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

丸いモールドを再生

正月休みに出来た作業を報告です。
長かった休みのおかげで、難物ファントムもほぼ機体整形にめどが立ちました。

機体後部のエンジンノズルの側面部分です。機体後部に生じた段差は瞬着を厚盛りしてからヤスリでガシガシ削ってます。
ファントム機体整形
ヤスルのは良いけど、、モールドが消えてゆく。。
ファスナー部分はマスクテープでモールドを保護できましたが、丸いモールドは完全に消滅。モールド再生には少々手荒な方法を使ってます。

使った道具はこいつ、真鍮パイプ。
適当な長さに切り出したパイプをピンバイスに喰えただけですが、こいつをライターで少々炙ってから焼き印の要領で強引にプラ材を溶かしてモールドを再生します。焼きすぎるとプラを貫通する心配があるのでプラバンの端材で何度か練習してから本番ね。(笑)
丸モールド再生方法
太さの違う焼印パイプを何種類か用意しておけば使えるな、、お気に入りです。
手持ちの真鍮パイプを何種類か確認したところ、waveが販売しているパイプは肉厚が薄くてモールド再生にグッドです。(若干割高ですが、、)
この方法って、模型誌なんかでもあまり紹介されてないのですが、、おきて破りですか???

焼印で再生するのは直径1~2mmくらいかな一発勝負は失敗が怖いですから、、
もう少し大きな円形モールドの再生にはこっちを使いました、皮ポンチ。少しずつクリクリやりながらモールドを彫って行きます。
プラバンの打ち抜き用に買ったのですが、出番が少なく初めてモールドの再生に使ったところ、こいつもグッド!!
皮ポンチ
本格的な皮加工するわけでもないので、いろんなサイズに対応できるこいつをホムセンでゲットしてました。

刃先がプラ用には分厚い気がしたのでグラインダーで刃先を薄く削ってますが、先日ホムセンで再確認したところでは買ったままでも問題ないかな。。
皮ポンチ削りだし
こいつは先端が刃物ですから、力をかけて押しつけながらクリクリやれば綺麗な丸が再生できます。

テンプレートを曲面に貼り付けて、コリコリとモールドを彫り出す作業は小生には神業にしか見えません。無理でしょ普通は。。。焼き印とか皮ポンチをクリクリならだれでも丸形のモールド再生ができるもんね。
調子こいて楕円の焼き印も作ってみるかな。。。

機体の整形作業はもう少々進んでますが、長くなりそうなので本日はここまで(笑)

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。