スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コツコツ雪風

雪風の進捗です。
今回の建艦方針としてはキットの造形はそのままに、EPパーツをトッピングしてお手軽なディテールアップを狙いたい。過去のWL完成写真を見ると角の甘さだとかシャープさに欠ける部分が散見されるのでそこは注意して作業を進める予定です。

ハセガワ製の汎用水密扉を貼り付けます。
キットにも凸でモールドされてますが、こいつが甘々で話になりません。WL版の雪風はもう少し良かったと思います。
窓は0.5ドリルで開孔してます。
雪風、水密扉EP
水密扉の蝶番方向が左右バラバラ!!知らなかったこのEPに左右の違いがあるとは。。トホ(^^ゞ

艦橋も同様に水密扉とハシゴをEPで貼り付けて、キャットウォークは伸ばしランナー。電探室に扉を付けたのに通路が無いのはまずいので通路をプラバンで造ってます。
甲板パーツには機銃の位置決め用の穴を開けてます。
雪風、艦橋工作
リノリューム押さえは凹モールドです。ここはモールドを筋彫りしてから0.2真鍮線を接着します。

魚雷運搬軌条は0.2真鍮線で再現。
WL版ではクッキリしたモールドだったので塗り分けだけで十分なんですが、このキットじゃモールドがほとんど見えません。なことで、元々のモールドを削る必要もなく甲板の上に真鍮線をペタペタ点付け工作。
雪風、魚雷運搬軌条
レールを平行に取り付ける自信が無かったので避けたかった工作ですが、やってみれば出来る物で真鍮線のコシを使いながら瞬着で点付けしながら少しずつ固定位置を調整してます。

後部煙突前の機銃座にはブルワークがモールドされてません、EPのランナーを使ってブルワークを再現。
雪風EPブルワーク
ここだけEPブルワーク。。まあ良いか。

しばらくやってなかった艦船模型ですが楽しいですね。
1/700駆逐艦だとパーツも少なく、キットは素材でどう完成させるかは腕次第かな。ネットの作例をあさりながら自分なりの表現方法を考えるのも楽しいです。

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

天一号作戦・大和随伴艦コン参戦

シミヤン様よりご提案いただいてました天一号作戦・大和随伴艦コン、参加表明は早くから行っていたのですがグズグズと製作キットを決めきれずにいましたが、そろそろ掛かることにします。

積みの山から引き出した随伴艦は5箱、この中から選択です。
(磯風を2つも積んでるとは初めて知った。)
天一号作戦随伴艦
なぜかアオシマばかり、流行のフジミキットは在庫無し、フジミさんの艦艇ラッシュの前に買ったものが大半ですね。

パーツを比べてみましたがアオシマばかりですから差があるはずもなく、ちょっと変化のあるところでフルハル雪風に決定。いつ購入したか記憶はありませんが3~4年以上は熟成してるはず。
フルハル仕様は微妙にレギュレーション違反かな??
仕上げに洋上ベース作って艦底部を埋め込んでウォータラインと言うことでお許しください。
アオシマ雪風、箱絵
最近はお買い物のつど箱絵を写真撮りするのでファイル日付で購入日が判るのだが、その習慣を付ける前の購入品だと思う。。

箱を開けてチェックすると、同じアオシマでもモールドがグッドな事を発見。
アオシマ雪風艦体パーツ
艦体が左右分割で舷側のモールド再現されてます。
アオシマさんはなぜにWLをリニューアルしないのか?

右は洋上モデルの雪風艦首、同じアオシマでもこれだけ違うんだ。
アオシマ雪風艦首 洋上モデル雪風-艦首1
パーツは基本的に同じパーツだと思います。
甲板パーツは1945仕様で爆雷投下軌条がモールドされてます。

アオシマ雪風は一度作っているがこいつは年代不詳、設定年次にこだわりがあったわけでもなく今回はリベンジと言うことかな。
アオシマ雪風、新旧比較
艦尾の爆雷投下軌条も再現されてます。

さて建造方針ですがどうしますかね。
サクッと作れば簡単なキットですが、やっぱり楽しむためには手をかけてやりたいです。手持ちの汎用EPと汎用素材でどこまでDUPできるかトライしてみます。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

MH-53J Pave Low 完成です

MH-53J Pave Low 完成です。
とか言いながら、ブログ書きながら気がついた。。
前脚の脚庫カバー付け忘れてる。パーツは机の上で見つけた。。トホ(^^ゞ
写真の取り直しはしませんのでご容赦を。

雰囲気のある顔に仕上がったと自己満足の絵です。
MH-53J ペイブロウ 完成3
フジミのオリジナルだとライトなんかの小物が省略されてますから、実機の写真を見ながら追加すればもっと良い感じにできたか??このへんのアプローチは飛行機模型とはちょっと違う感じ。
こっちのページにアップの写真を載せてます。

凸リベットも予想以上に良くできましたが、真っ直ぐに並んでないのはご愛敬
MH-53J ペイブロウ 完成4
リベットも思った以上にうるさく無かったのでもう少し増量しても良かったのかな??これで凸リベット再現にもメドが立ったような気がする。

完成したサイズはローター含めて約40cm。でかい、
いつもの撮影用ベースに納まらず、ベランダで撮影してます。
MH-53J Pave Low 完成2
前回ブログでモールドに流し込んだ黒エナメルがうるさかったのですが、溶剤を含ませた筆で洗い流して良い感じに納まりました。

自作デカールも良い感じに納まりましたが、もう少々濃いめの色でも良かったのか??たぶん仕上げのつや消しクリアで全体が白化してるんですよね、これ要注意!!
MH-53J Pave Low 完成1
追加加工はアンテナ線、ドア周辺のアクチュエータ程度です。
キャビン内部の作り込みをやればもっと面白いんでしょうけど、、今回はパス。あとで適当な荷物でも詰め込んで誤魔化します。。(^^ゞ

さて次回はどうする?
こっそり開けてる箱もあるのですが、乗りが今一つな事もあって新しい箱を探すことになりそう。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

いつもながら完成直前のモヤモヤ

ペイブロウ、最終的にパーツを組み付けてリタッチすれば完成なのですが、、
何だかなーーーストレスが溜まります。
やり残した作業は無いのか?これで大丈夫か??

思い切って最終組立に入りますが、手が止まります。何じゃこりゃ??
オーバースケールなワイパー、ガラス面にフィットするはずもなく。。トホ(^^ゞ
フジミMH-53ワイパー??
もう一本のワイパーは整形中に折れたしね。(笑)

簡単なパーツです。でっち上げれば何とかなるでしょ。
と言うことで伸ばしランナーでチマチマ作ることに、初めから判っていれば簡単な話なんですけどね。
フジミMH-53ワイパー、スクラッチ
結果オーライでしょうか?
無理してオリジナルパーツを組み付けるより、こっちの方が正解でしょ。
ついでに機首のライトと作業用のハンドルかな?を再現してます。フジミさんオリジナル機首が丸坊主ですから、少し変化が出ました。

残る作業は機体全体にクリア吹くくらいです。(大丈夫か??)
今夜は完成写真を撮って作業完了です。写真は改めてアップですね。


**************************************


やしきたかじんさんの訃報が伝えられました。
惜しいです、ファンとか言う話ではないのですが、飲み屋でパチンコ屋で歌声を聞き、TVで辛口の絶妙なトークを楽しむ、大きな存在でした。在阪メディアは追悼特番で大きく取り上げていますが、全国的には小さな扱いでしかないのは少々悔しいところです。

個人的にこの映像は涙ものです。
三宅先生、桑名正博、、関西にゆかりのある方々に囲まれて歌う姿は氏の思いが伝わってくる名作です。

やしきさんのご冥福をお祈りいたします。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。