スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EJ改、下面塗装

ブログ画面の右側メニューを少しだけ変えて見ました。
製作作業中の物だけまとめてさらしておけば、少しでもその気になるかな??

今週も製作活動はダラダラです、塗装作業に入るとガクッとスピードが落ちるのが難点ですね、ブラシ作業も始めてしまえば面白くてそれなりに進むのですが、始めるまでの腰が重たいんですよ。
ファントムとトム猫の塗装をまとめれば少しでも早く塗装作業が進むか??などと考えてまして、機体塗装に必要な色を揃えてから作業にかかってます。

塗装指示から必要な色を引っ張り出すと3色、間違えないようにマスキングテープに判りやすく書いておきます。
ファントム下面塗装色
同じグレー系なので簡単に済むと思ってたんですが、、結局3色必要なのね。

EJ改の下面塗装です。シャドウ吹きの雰囲気を残しながらパネル毎にグレーを吹いたつもりだったんですが、ちょっと消しすぎですかね、、ほかにも汚しを入れるのでこの程度で良いのかな??
ファントム下面塗装1ファントム下面塗装2

こっちはトム猫の下面塗装。
EJ改よりはパネルラインを濃いめに残します。と言うか久しぶりにブラシ2本でグレーと黒をそれぞれ調子を見ながら吹いてみました。あーーー邪魔くさい。。。(^^ゞ
トムキャット下面塗装

濃いめに残したパネルラインと見えないくらいに消えたパネルライン。どっちが正解なんだろ??
同時作業ですので楽しみながらやってみます。


関連記事

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらでも塗装の取りかかりの悩みがおありなんですね(笑)
でもはじめられただけエライ!

そうなんです、やり始めたら始めたなりに面白いんですけどね~。
そこまでいく腰を上げるまでがなかなか・・・(笑)

レシプロ機の退色表現とちがって
現用機のパネルラインは割とくっきりと濃淡が出ているような実写真がありますね。

Re: No title

シミヤンさん、こんばんは。。
ようやくこの冬の寒さに慣れたというか、日中はそれなりに
暖かい日があったりというか、、ブラシ作業再開です。
吹き始めたら1~2時間座りっぱなしで楽しんでました、
これがコンスタントに出来ないのが不思議です。
へなちょこモデラーの証拠ですかね。。

飛行機もたくさん作って来ましたが、やっぱ退色表現は
難しいです。肉眼では見えなくても写真だとハッキリ
見えたり、斜光に照らされて違う色に見えたり、、
資料が多すぎてどうすれば良いのか、いまだに塗装方法
模索中です。(^^ゞ

No title

自衛隊機の場合手入れが行き届きすぎて汚れ(塗装ムラ)が目立つという独特の状態なんだと思います。

パネルラインは剥がれるので頻繁にタッチアップされ、パネルラインの少し外側が濃い目に汚れてるパターンが多いような…
※個人の感想です。

Re: No title


IRANでタッチアップされてまだらになった汚れって、
好きじゃないんですよね、空自の機体を忠実に再現するなら
必須なんですが、綺麗に汚したいって、、何言ってんだか。。(爆)


完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。