スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MH-53J スタブウイング

体調不良です、夏バテか?最近寝付きが悪くてよく眠れないのも一因かも。
MH-53Jのリベット打ちも一段落ついて、機体のあちこちをさわり始めました。

さわり始めて気がついた。エアインテークが開口してない、特に機首のこのインテークは正面に向いて穴がモールドされてない。金型の抜きを考えるとこの正面に向いた穴を一発で成型するのは無理なんですね。
MH-53J エアインテーク:フジミオリジナル

整形手順は色々考えられますが、正面から一度穴を開けて不要な部分にランナーを接着して機体の形状に合わせて整形して再度ドリルで穴部分を再生
MH-53J エアインテーク:開孔 MH-53J エアインテーク整形

ランナーの接着部分に欠けができて、穴が綺麗に開けられませんでした。
瞬着盛ってもう一度整形ですね。(^^ゞ
MH-53J エアインテーク完成

機体の両脇にスポンソン接着して、さらにスタブウイングを接着するのですが、スポンソンの曲面にこのスタブウイングの3次元曲面がすんなりと馴染むわけもなく、、トホ(^^ゞ
仮組を何度か試しましたがダメ。瞬着で強引に接着してパテで成型することに
MH-53J スタブウィング取付
スタブウイングの前方部分を瞬着で接着すると、後半部分が浮き上がります。

前半部分が固まってから強引に後半部を押さえつけて瞬着で仮止めして、流し込み接着剤を入れますが、当然のように微妙に隙間ができますので、パテで整形することに。。
MH-53J スタブウィング完成

整形が終わった状態がこれですね。
エンジンポッドも機体の曲面に三次元曲面をあわせるので似たような作業が必要になります。
MH-53J スタブウィング完成

だんだんと機体がそれらしくなってなってきました。工作派モデラーとしては楽しい段階です。次はローター周りの工作と、機体全面のキャビン工作です。キャビンは透明プラ。。硬くて嫌なんですが。(^^ゞ


関連記事

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このキットは結構組立てがきついキットなんですね。

一般に飛行機キットも微妙な曲線が多くて基本工作に難儀しますが
回転翼機は曲線もさることながら
かなり凹凸があるので基本工作もなかなかの技術が必要ですね。

Re: No title

シミヤンさん、こんばんは。

こんなに曲面の接合部が多いとは予想外です。。トホ(^^ゞ
飛行機の主翼フィレットなんかも一緒なんですが、
曲面パーツの接合は鬼門ですね。

摺り合わせの段階で無理なことは承知で接着したのですが、
もう少し綺麗にできたんじゃないかと少々反省。
真面目に摺り合わせした方が結果的に早いんですよね。(^^ゞ


No title

金型の都合ってやつですね。
メーカーがやりたくてもやれずに省略した部分を再現するのも模型の醍醐味ですよね。
う~ん、『別パーツにする予算がなかったのね』とか『無理してこんな形にするぐらいだったらきっぱりとオミットしてくれ』とか考えながら工作するのって結構楽しかったりします(笑)

Re: No title

シロイルカさん、こんばんは。

金型の都合ですよね。今でこそ細かなパーツ割りで再現してますけど
80年代のキットですから、こんな物かななんて時代を感じながら形に
するのも楽しみです。
これが最新のキットだと、こんな風に楽しめない。。微妙な趣味ですね。(^^ゞ

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。