スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烈風-順調に進んでます

烈風、順調に進んでます。
と言うか、リベット打ち以外は特別にひねりを入れるわけでもなく、淡々と素組作業をやってるだけなんであたり前なんですけど。

窓枠のマスクは細切れマスクテープが小生の定番作業です。脚には銅線でブレーキパイプを追加。
ファインモード烈風-キャノピー ファインモード烈風-主脚
ブレーキパイプの取付位置はこれで良いのか??

タイヤは接地部分にヤスリを入れて平坦にしてます。
このキット、タイヤの軸が四角で成型されてる関係で、タイヤを回して接地部分を調整する事ができないんです。ちゃんと仮組みして接地部分を平坦にしてやることが必要です。
ファインモード烈風-タイヤ ファインモード烈風-タイヤ塗装
ちなみに適当に削ったおかげで大失敗。
プラバン貼り付けて整形・・・・これを繰り返して2日ほどかかりました。(爆)

ペラはサフ吹いて警戒帯の色を吹いてます。
警戒帯は黄色??デカールを参考にして、赤と黄色で調色してます。
ファインモード烈風-プロペラ
ペラの色は塗装指示では131番・赤褐色?在庫してないな。。41番のレッドブラウンでも問題ないでしょ。吹いてから様子を見よ。

機体の基本塗装です。
1/48はさすがに塗り面積が広くてムラ無く発色させるのに手間がかかります。
ファインモード烈風-機体後部塗装 ファインモード烈風-機体塗装
リベットラインも程良く落ち着いて、遠目には判らないくらいです。

エンジンを仮組しましたが、以外とちっちゃいと言うか、これはファインさんの問題ですかね。。カウルにぶつからないように少々控えめサイズに成型されてるような気がします。
ファインモード烈風-エンジン周り

小福田さんの”零戦開発物語―日本海軍戦闘機全機種の生涯”を引っ張り出して読んでました。10年くらい前に一度読んでますが、捨てずに良かった。テストパイロットの視点で淡々と海軍戦闘機を評価した名著だと思います。
烈風はベタ褒めされてますが、さすがにこれは褒めすぎの感があります。死んだ子の歳を数えるようなものと小福田さんも書いてましたが、素性の良い機体であったことは確かなようです。純粋に工業製品として熟成させて評価してやりたかったと思うのは小生だけかな。

関連記事

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブレーキパイプは零戦のように脚カバーと脚柱の間は通らず脚柱前側に這わせてあるように見えますが
不鮮明な写真からの解析なので零戦と同じにしても問題ないと思います。
(個人的意見)

プロペラに関しては特色なんて出る前は
全てレッドブラウンにしていたのでいいと思いますよ。
まぁ、スケールなど考えても1/1のように
まったく同色に塗る必要もないので
近似色で良いんじゃないですか?

Re: No title

シミヤンさん、こんばんは。

ブレーキパイプは簡単な追加工作と踏んで気に止めて
なかったのですが、いざやってみるとパイプを通す場所
やら、終端の仕舞いとか、、考えても見なかった
??マークがいっぱい。

ペラはともかくレッドブラウンを吹きました。
現用機だと自分の感覚で処理するところですが、
慣れない大戦機だと自分で判断できずに塗装指示に頼る
情けないことなります。。(^^ゞ

完成品展示室

フジミ 1/72 Grumman F-14A plus Tomcat
フジミ 1/72 JASDF/F-4EJ改
AFVクラブ 1/350 伊号第一九潜水艦
タミヤ 1/700 重巡洋艦・鈴谷
モノグラム 1/135 Lockheed Constellation
タミヤ 1/48 A6M2-N 二式水上戦闘機
アカデミー 1/72 Oshcosh M977 HEMTT
レベル 1/72 HMMWV
イタレリ 1/48 FIAT CR.42 Falco
テスター 1/48 Gee Bee Racer
ドラゴン 1/144 Rockwell B-1A Lancer
イタレリ 1/35 HMMWV M1097
プロフィール

Author:イッコー
現用航空機が好きでモデラーやってたんですが、艦船模型製作にはまって苦闘の日々を送り。さらに雑食化が進みつつある泥沼モデラー。

カテゴリ
リンク
バカはこんな事もやってます
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。